IKARUGA Cultural Conference Official Site
 

いかるが和々(にこにこ)塾  公式サイト

 

「聖徳太子」 学 講座

 






6月講師の里中満智子先生のオフィシャルサイトオフィシャルブログにリンクをはりました。

オフィシャルサイト
オフィシャルブログ



21世紀スタートの年、平成13年4月に”21世紀は聖徳太子に学ぼう”をメインテーマに掲げ、朝日カルチャーセンターの協力を得て「いかるが和々(にこにこ)塾」を開塾いたしました。一流の講師陣によるクオリティの高い「聖徳太子学」連続講座です。過去15年間で88講座を民間の力のみで開講、聖徳太子の和の精神(こころ)を太子のお膝元、いかるがから発信しています。

  いかるが和々塾は、いつもニコニコと心身癒される会でありたいと願っています。

平成28年度は、和々塾を開塾してより16年目になります。厚くお礼を申し上げます。


 

『 いかるが和々塾 』は6か月連続で「聖徳太子学」を学ぶ講座です

 

 主 催 : NPO法人 斑鳩文化協議会 

 後 援 : 斑鳩町 斑鳩町教育委員会 奈良県 奈良県教育委員会

        歴史街道推進協議会 朝日新聞奈良総局 奈良新聞

        奈良テレビ放送 ㈱ 朝日カルチャーセンター

 日  程 : 4月~7月 第一日曜日 8・9・10月は 平日

(平成28度スケジュールはこちら)

   会 場  : いかるがホール ( 大ホール 729名収容 )

          会場アクセス ページ を参照してください

 受講費    : 全7講座受講費 4,000円 (単月受講は1講座1,500円)

 

  受講のお問い合わせ・お申込みは下記フォームからもできます。

 

 

平成27年度 いかるが和々塾

各月の出席者数は、以下の通りでした。

  月      出席者数  
4月講座

    414 名

 
5月講座

    398 名

 
6月講座

    389 名

 
7月講座

    396 名

 
8月講座

    362 名

 
9月講座

    358 名

 
 合    計

     2、317 名

 
  月平均

    386 名

 

 

 

講座会場
講座会場

 

 『いかるが和々(にこにこ)塾』 

           命名の由来

 

   聖徳太子の『十七条憲法』の第一条「以和為貴(わをもって

  とうとしとなす)」という「和の精神から選びました。

   「和」という漢字は、「龢」 ⇒ 「咊」 ⇒ 「和」 と変化したと考えられて

  います。広辞苑では、① 仲よくすること。 「-を結ぶ」 ② 二つ以上の 数・式などを加えて得た値。 「-を求める」 ③ 大和国の意。日本の倭、日本製、日本風、日本語など。 そして、「 にこ 」 と引きますと  「 和 ・ 柔 = おだやかに笑うさま 」  とでてきます。

   『和々塾』は「にこにこじゅく」と読み、「にこにこと笑顔でみんなが仲よく

  する」ことを願ってつけられました。

下記の フォーム からもお申込みができます。

  『「受講者(会員)募集」のご案内』 をご送付させて頂きます。内容をご確認の上、

最終面の郵便局「払込取扱票」にて、年間受講費 4,000円 ( 全7講座受講分 )のお振込みをお願いします。

郵便局の窓口にいかなくても、振込み機能付ATMで振込みができます。休日でもOKです。

受講申込手続きは、これだけで終了です。 受講者募集要項をご参照下さい。

郵便局「払込取扱票」で、入会(受講)申込書兼受領書に代えさせて頂きます。

なお、ご氏名、住所・電話番号等の個人情報は、当協議会の運営以外には

使用しません。

ご入金が確認でき次第(2週間ほどで)、年間分の月別受講票をお送りします。

受講票は再発行できませんので、講座日まで大切に保管下さい。

(受講票は該当月分を切り取って受講の際忘れずにご持参いただき、会場入口の受付にご提出ください。)

 

お問い合せは、電話・ファックスまたはE-mailでお願いします。

下記のフォームからお手軽に送信できます。

 Tel & Fax : 0745-74-2660                     

E-mail     : ikaruga_bunkakyo@yahoo.co.jp

E-Mail
E-Mail

スマートフォン等から こちらの QRコード を読み取り E-Mail を送信できます。

新規会員様 お問い合わせ・お申し込みフォーム

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

Topへ
Topへ