聖徳太子のすべてが解る・・・
聖徳太子学のテキストに最適!

「聖徳太子の歴史を読む」

上田正昭 千田 稔 共編著

日本史のスーパースター聖徳太子が活躍して1400年の年を記念して、その政治、外交、仏教、美術、建築、信仰を最新の研究から興味深く書き下ろした決定版。

A5判 352頁 
定価2,100円(税込み)
内容と執筆陣
*「和を以て貴しとす」大野玄妙(法隆寺管長)
*「聖徳太子の“和”のこころ」上田正昭(京都大学名誉教授)
*「六世紀後半における天皇家・豪族の政権抗争」塚口義信(堺女子短期大学学長)
*「斑鳩・藤ノ木古墳の発掘と被葬者」石野博信(兵庫県立考古博物館館長)
*「聖徳太子の“天皇事(みかどわざ)とは何か」塚口義信
*「上宮から斑鳩宮へ=思想の旅路=」千田 稔(国際日本文化研究センター教授)
*「倭国の外交と推古朝の国際交流」森 公章(東洋大学教授)
*「法興年号と仏教興隆」東野治之(奈良大学教授)
*「聖徳太子は日本仏教の礎を築いたのか」本郷真紹(立命館大学教授)
*「太子建立七ヵ寺と推古朝四十六ヵ寺を探る」森 郁夫(帝塚山大学教授)
*「廐戸皇子の薨去」和田 萃(京都教育大学名誉教授)
*「聖徳太子と仏教美術」大橋一章(早稲田大学教授)
*「捨身飼虎図にみる釈迦と聖徳太子」山折哲雄(宗教学者)
*「玉虫厨子 再考」上原 和(成城大学名誉教授)
*「創建斑鳩寺と再建法隆寺」鈴木嘉吉(奈良文化財研究所元所長)
*「聖徳太子の伝説と遺訓」高田良信(法隆寺長老・128代管主)
*「資料からみた太子信仰の成立」田中嗣人(華頂女子短期大学教授)
*「“唐本御影”は聖徳太子像か」武田佐和子(大阪大学副学長)
*「法隆寺世界遺産への道」高田良信
*「“和”の指針=輝かそう!和の精神=」亀井龍彦(斑鳩文化協議会会長) 
敬称略・順不同

 講座日に図書コーナーにて、1,800円 (定価 2,100円) で販売

しております。l

戻る
戻る